HAIR-MIX KATO

アクセスカウンタ

zoom RSS 大多喜城

<<   作成日時 : 2017/04/25 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

いすみ鉄道に揺られて下車駅は「大多喜」へ

大多喜城といえば、岩槻藩主とゆかりある地で

何か史料などがあるかと楽しみに行きましたが…

博物館の方に伺ったら、この大多喜も藩主の出入りが多く

残るものが少ないんだと語ってました(´;ω;`)ウゥゥ

そうなんです、、、  岩槻も、、、 ですね…


画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
KATOさん、恒例の後出し情報(笑)

隣県の千葉もたくさん繋がりがあります。ます、岩槻の一部が今の千葉県でしたんです。

千葉と言えば南総里見八犬伝で有名な里見氏、太田氏とも繋がりが有りました。市川市の国府台で合戦が有りました。そこに太田氏が参戦しています。矢切の渡で着いた千葉側です。

臼井に太田資忠公の墓があります。
小湊誕生寺に太田稲荷があり、太田康資公の墓も有ります。

続く
渋江四郎
2017/05/18 22:17
渋江さん

いや〜、たくさん出てきますね〜。
恐れ入ります(^_-)-☆
KATO
2017/05/20 05:47
続き 戦国編

松戸の本土寺に伝わる過去帳(県指定文化財)、戦国時代の出来事がたくさん書かれています。
その中に、大永五年岩付落城、城主討死と有ります。そう、わが先祖渋江三郎の乱と思われます。しかし一般には太田資頼公は北本の石戸城へ落ちて、数年後に責めて岩付に戻ったとなっています。

当時の混乱した伝聞?、影武者?・・・。
渋江四郎
2017/05/20 11:56
続き 江戸時代編1

岩槻城主阿部氏、最大11万石でしたが、その内今の千葉県に3.5万石が有ったんです。つまり三分の一です。

大岡氏、二万石の内、一万石が千葉県に有りました。つまり半分です。岩槻藩と千葉は繋がりが大きかったんです❗
渋江四郎
2017/05/24 08:39
続き 江戸時代編2

千葉と渋江の間接つながり(その1)
大岡氏領に清国船漂着事件が起こりました。そこで岩槻藩は郡奉行を派遣し、中国人と筆談で交渉し無事帰国させました。
その人こそ児玉南柯さんです。そのことで岩槻と千倉の関係が出来たんです。
その後、南柯さんが事件の記録を書いたものが「漂客記事」です。それを刊本するために作られたのが浄安寺に伝わる市指定の版木です。
それには、あの伝説が有ります。紙芝居にもなっている桜の木の伝説です。
渋江四郎
2017/05/25 22:55
渋江さん

千葉の石高がそんなにあったとは思いもしませんでした!
もっともっと低いと思っていました。

児玉楠柯さんと桜、紙芝居見ました!渋江公民館で!
KATO
2017/05/27 18:14
続き 江戸時代編3

千葉と渋江の間接つながり(その2)
大岡忠光公の二男が久周公が加納家に養子に入りました。上総一ノ宮に領地と陣屋が有りました。
その久周公から児玉南柯さんに送られたのが、あのさざれ石。
君が代にも歌われている石です。

最初は遷喬館に置かれたようです。のちに浄安寺に移され、勝海舟さんの碑と共に本堂前に有りましたが、今は・・・。
渋江四郎
2017/05/28 10:53
さざれ石の話、聞いたことありますが浄安寺で現物見た事無いんです!
何所へ?
初めは遷喬館に置かれていたのですね!
KATO
2017/05/28 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文

HAIR-MIX KATOブログ内検索

大多喜城 HAIR-MIX KATO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる