シリコンについて

カットして落ちた髪の毛を綺麗に掃いたあとツルツルに床が滑る時がたまにあります。

(え!こんなに残留してて良いのかよ!!って時も・・・(汗))


これはシャンプーやトリートメント剤に含まれるシリコンによるものです。

「シリコン」の含有量が多いものほど一般ウケが良くなってきていて、シャンプー後髪がツヤツヤ・

サラサラはとても気持ちが良いもの



で・す・が・・・・


じつは、カラーの入り方が悪くなる、パーマの掛かりが悪くなる、髪の元気が無くなってきたなどなど

いろいろな影響が出てきております。


これらは、「シリコン」のコーティングによるものです。


すなわち薬剤の浸透を妨げるということ!カラー剤、パーマ剤はもちろん髪に栄養を与えようと、

大枚を叩いて買った高価な育毛剤を一生懸命付けても、薬剤をはじいてしまうので効果が得ません。

(もったいなですね~)


髪や地肌を考えるとシリコンが入ってない方が望ましいのですが



しかし


シリコンという素材は優れていて手触り感、ツヤ感は今のところこれに勝るものはありません

使い方を分けてダメージ部分だけに使用すれば強い味方になってくれます。

(表現の仕方が悪いかもしれませんが、薬のステロイド剤みたいなもので優れものだけれど使い方を

間違えると副作用が大きく伴うということ)



ど~~しても、ど~~してもこの手触り感が捨てられないの~ って方は


シャンプー剤は地肌を洗うものなので、このシリコンが入ってないものかシリコンの含有量の少ないものを

選ぶこと、そして地肌に付けないように注意して気になるダメージ部分のツヤや手触りをリンス・コンデショナー・

トリートメントで補うことですね。

また、洗い流さないトリートメントをダメージ部分だけに使用するのもひとつの手です




カラーの入り方が悪いパーマの掛かり方が悪いなど感じたら、この影響も疑ってお使いのシャンプーなどを

替えてみるのも・・・・。


育毛剤をつけている方は、効果を上げるために絶対に使わない方が賢明でしょう

髪が細くコシの無い方はさらにボリュームをダウンさせてしまうので使う箇所を根元からではなく、

毛先のみに使用しましょう


商品の長所、短所を良く知って短所は切り捨て、長所だけを活かし上手に使う事が一番大事なんですね


ここには詳しく書けませんが、「あれ?」と思うような矛盾したものを製造しているメーカーもあるので

信用できる理容師さん、美容師さんと 内緒 に相談する事が大切ですよ(笑)



以上、なんちゃってアドバイスでした。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • SHISEIDO ~プロシナジー~

    Excerpt: 資生堂からトリートメントシャンプー、トリートメントマスクをはじめ Weblog: HAIR-MIX KATO racked: 2009-10-28 06:19