路地番外編

昔、岩槻には武州鉄道が南北に通っており、後から東西へ開通した東武鉄道が

やむを得ず高架にした場所があり、その高架に当る場所のトンネルがこれ

画像


この道は路地ではないけれど、並行して東西へとメインの通りまで出られる道があるため

あまり車や人が通ったことを見たことが無い…


近所の方に聞いてみると、岩槻まつりで交通規制が掛かるとこのトンネルを利用して

自宅へ帰るんだそうです。

馬蹄形になってるから角がぶつかりそうな気がしてしょうがないんだけど…

でもでも、近隣の方には便利なトンネルなんでね(^_-)-☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

婚活中の38歳のいけぽん
2014年10月25日 17:53
いつもお疲れ様ですうれしい顔るんるんるんるん
いけぽんが岩小に通っている頃は、奥の古そうなトンネルだけでした。

ばらくこのトンネルを通らなかったんですが、見たとき一瞬(°Д°)えっげっそりどんっ(衝撃)って感じでしたが、よ~く見ると古いトンネルの補強かなと思った次第です。
shige
2014年10月25日 18:42
こんにちは!こんなトンネル見たこともなく、場所も全くわからず、ええっ~これどこよ?(笑)って悩みましたが、いけぽんさんのコメントでやっと理解しましたよ

そういえば複線化されてから一度も通ってませんでした
(^_^ゞ
2014年10月25日 21:16
いけぽんさん、いつもコメありがとうです!
反対側の画像載せなかったんですが、よく見ると変なトンネルだよね(笑)
あまり車や人が通らないって書いたけど、いけぽんさんにとっては毎日利用した通学路だったんですね(^_-)-☆
2014年10月25日 21:21
shigeさん、コメントありがとうございます(*^^)v
同じく、反対側の馬蹄形の画像載せたら一発で分っちゃったかもしれませんねw
そして、余程の理由が無い限り通りませんものね。
渋江四郎
2014年10月26日 22:29
岩槻に四つ有る東武のトンネルで、唯一の地下式でないものですね。
そういえば名前は何だろう?
かならず名前が有るはずだが。どこかにプレート有るなか。

でもって仮定な話、東武が先に出来ていたら高架にならずに、渋江に踏み切りが三つも出来た事になるのかな?
2014年10月27日 05:28
渋江さん、さすが色々と歩いてるだけありますね…
目の付け所が違う!
確かに地下式でないトンネルですね(^^)v
あと、プレート探すのも面白いかもしれません。

踏切かぁ~、、、どうなんでしょうね?もしかしたら小さな小道は突き当りにされて迂回路にされていたかも
(;・∀・)
渋江四郎
2014年10月28日 21:42
番外編2

岩槻区の形は○○○の形と言われています。

さて、その最南端に行かれたことは有りますか?

そこは・・・。
2014年10月29日 22:18
渋江さん、こんばんは

その形、勉強しました~
最南端、畑で…  畑かな??  
先っぽが細くなってましたが、
「そこは…。」とは??
なにか意味深?????
38歳婚活中のいけぽん
2014年10月30日 12:45
いつもお疲れ様ですうれしい顔るんるんるんるん
渋江さんが岩槻でトンネルが4つあると言っていましたが、いけぽんが所属する消防団の分団長が若かりし頃は、愛宕神社付近にあるトンネルが上に道があり踏切みたいになっていたようです。とそのように聞いたことがあります。上に上がって踏切みたいに道があったのでいたずらが多かったみたいです。
2014年10月31日 21:48
いけぽんさん、その話マジっすか!
その話は知らなったですよ~
いたずらと云えば、線路での悪戯
私にも… (笑)
渋江四郎
2014年11月01日 00:13
いけぼんさんの話はその通りです。
私ももたぶん踏切を渡りました。
はっきり覚えているのは、西原の踏切(今は地下道)で少し高くなっていて、冬は富士山がよく見えました。
結局四つ有るトンネルで最初かりあるのは、今回のだけです。たぶん野田線(アーバン・・・)で唯一かもしれませんよ。

わたしも告白すると、渋江の線路脇の斜面をよじ登り、レールに耳をあてて電車の音を聞いていました。今なら事件かな?
2014年11月01日 08:11
渋江さん、踏切有ったんですね!
また貴重なこのトンネル、名前付けちゃいたいですね(笑)
私も斜面登りましたよ!夕焼けに真っ黒な(だったかな…)印象に残ってます。
そして、渋江さんは耳を…  
私は線路の上に…  犯罪ですね(笑)
shige
2014年11月01日 11:35
何だかすごく盛り上がっていますね(^^)
西原の踏切は小学校低学年までありましたから、良く覚えていますよ!トンネルになってからは、学校のチョークを無断持ち出しして、せっせと落書きしてました(汗;)
2014年11月01日 21:16
shigeさん、昔話を皆で楽しんでいます(笑)
西原の踏切、自分に記憶が無いのがちょっとだけ悔しいです(#^.^#)
学校のチョークで…
大きな平面ってなかなかないですもんね~
そりゃ~、落書きしたくなりますよ~~w
渋江四郎
2014年11月05日 22:26
JRは踏切に地域名等を付けます。例えば土呂にあるのは、有名な中島踏切。中島飛行機(現富士重工業)から付けたもの。
いっぼう東武は番号。野田線は、「野第○号踏切道」となっている。

岩槻は
42は加倉(並木下)、
44は加倉駅脇(高速東脇)、
48は丹過、
50は愛宕様裏、
53は久伊豆様前、
です。
欠番はかって有ったと想像できますが、解らない番号も。

なお、前にトンネルが四本とお伝えしましたが、歩行者専用があと二本、見過ごしていました。
渋江四郎
2014年11月10日 22:51
番外編は道に関する雑学コーナーということで、勝手に続けます。

番外編3

日光社参という徳川将軍の行列が岩槻を通った事は、比較的皆さんご存知と思います。

その際に事件が有りました。田中口と呼ばれた門が、壊される寸前に。
今は○○寺の門です。

今その門の篇額の裏には、南柯さんの文章がぎっしりと有るんです。
2014年11月19日 23:36
渋江さん
コメント気づきませんでした(^^ゞ
踏切ですが、そういえば書いてあるのをなんとなくですが見ていましたが番号までは知りませんでした。
そして「中島踏切」には驚き!です(同じ姓の加藤隼戦闘隊としてはビビッときました(笑))

そしてそして、歩行者専用のトンネル、後で載せようと写真に(元荒川沿いの)収めてあります(笑)

もっと驚きが! ぎっしりと書かれた南柯さんの文章、見たい!
渋江四郎
2014年11月22日 00:53
番外編4

市宿に有る八雲神社、かっては市神様と呼ばれていました。
江戸時代には今とは違うところに有ったんです。
今では想像も出来ないところです。
さて何処に有ったでしょうか?
2014年11月22日 06:18
渋江さん、とんでもないところに有ったようですね~
渋江四郎
2014年11月30日 21:02
番外編4の答
市宿の市神様、江戸時代には御成道の真ん中(今で言うセンターライン)に有ったんです。車が通らない時代ですから、問題ないんですね。

それでは
番外編5
江戸時代からある岩槻区の沢山ある地名(小字、俗称を除く)で道に関するものが二つ有るんです。

一つは、今は正式地名では有りません。

もう一つは、明治時代になって一文字増えて今でも有ります。因みに同じ理由で一文字増えた地名は、あと三つ岩槻に有ります。

さて、二つの地名解りますか?
2014年11月30日 22:29
渋江さん
市宿の市神様、岩槻まつりにて復元しようと一度だけ?
お神輿を道の真ん中に出したことが有ります。(ちょっとだけいろいろあったようですが…  (笑)

そして、問題ですが全くわかりません…
勉強不足です(;・∀・)

難し過ぎる…
渋江四郎
2014年12月01日 23:40
岩槻検定みたいになっちゃいましたかね(笑)。

確認です:道に関する地名です。

では、ヒントを。
一つ目は、岩槻九町の一つ(九町は解りますよね、黒奴やってれば)。

もう一つは、東西南北が付いています。
2014年12月02日 19:27
一つ目は「林道」
二つ目が…
一文字増えて?? 新曲輪? でも東西南北が…
渋江四郎
2014年12月02日 23:42
一つ目は林道で正解です。解説は別途。

二つ目は九町以外です。東西南北の付く地名は、あれとこれと・・・。
道に関するものです。
2014年12月04日 17:01
林道、解説楽しみにしています(*^^)v

二つ目ようやく分かりました~w
「南辻」です('◇')ゞ

いろいろ引っ張り出して違うことまで知ることができました(^^♪

渋江四郎
2014年12月06日 08:12
大正解です。
いろいろ調べて、もう岩槻の地名通ですかねぇ。

まずは林道。はやしのみちと書いて林道。
身近すぎて感じないですが、イメージでは山の中の地名で、街中のものではないですよね。

でも有ったんです。はやしのみちが。
横町から南にのびる、この道は日光御成下道といい、御成道の予備の道でした(この下道だけでも、色々とねたが豊富に有りますが、別の機会に)。
そのためか一部が並木道になっていました。
杉並の地名も有りますよね。
林道から真福寺辺りまでは、傘(笠)を差さずに歩けるだけの並木が有ったとか。
終戦後の米軍の航空写真にもその姿が解ります。

てな訳で地名は、昔を現しているんです。

南辻は改めて。
2014年12月06日 20:54
良かった~
ちょっと時間が掛かってしまいましたが… (;^ω^)

渋江さん、いつもいつも勉強させていただきありがとうございますm(__)m
林道という日光御成道下道、ネタが豊富とは気になりますね~
何やら怪しげなお話もあるのでしょうか??w
そして、笠もささずに済むくらい覆っていた並木道、今じゃ想像できません!
なんだかわくわくして来ました~~!!
日光御成下道、南辻の地名 楽しみにしています(*^^)v
渋江四郎
2014年12月09日 00:23
では南辻。
岩槻城下の田中口を出て日光御成道を進み、かっては田中橋と辻橋の二つの橋で元荒川を越えると(江戸中頃までは橋がなく渡し船だったとか)、かっての辻村です。

地名の謂れは、粕壁(春日部)道の分岐点から来ています。
今もそこに残る石仏には「右ぢおんじ道」「左かすかべみち」と見る事が出来ます。
進むと落城伝説の残る鎧宮八幡社が今でも有ります。

さて辻から南辻に、明治になって変わるんです。
同じように南平野や南下新井も。
明治12年の「群区町村編成法」により、埼玉郡内の同じ名前の地名の混同を避けるために。

私の夢?は、分岐点近くに公園を造りたいです。
鳩ケ谷には「一里塚ポケットパーク」なるものも有るんです。

なお御成下道は改めて別項目にて。

次の番外編は・・・。
2014年12月09日 12:59
渋江さん、いつもご丁寧にありがとうございます!
南辻の謂れ、なるほどなるほど
φ(.. )メモシテオコウ
後で石仏確認して来ます。

それと、なぜ「南〇〇」があるのか謎が解けました!
南埼玉郡だからですね~(^O^)
すげ~!

先日、日テレの深夜番組でマツコが東京の「葛飾」の話してました。「葛飾、葛飾、って地元の方は鼻が高いけどあそこは寅さんだけ有名なだけじゃない!もともと葛飾は広く、あそこは葛飾の一部に過ぎないわ~!」って

分岐点に公園、良いですね~!
渋江さん、来年春市議選が有ります!
応援しますよ!(笑)

この記事へのトラックバック