岩槻路地番外編2

岩槻路地ブログ、お付き合いしていただき毎度ありがとうございますm(__)m

こちらも路地のような路地でないような道なので「番外編」として書いてみますw

この道、小さいころ遊んでいた場所なのに3~4年前に見つけてしまった道です。

画像


この先には細い道が通り、車でも裏道でよく利用していましたが、

ここへ降りる道が有るとは思ってませんでした。

昔を惜しんで歩いているときに偶然発見!

子供のころ何かを見つけてしまったかのように、新鮮な気持ちになりました(^^)/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

渋江四郎
2014年12月10日 23:44
ヒントも無く、難しいですね。

この傾斜!と大量の落ち葉に、樹木の感じから多分あそこだろうと思いますが、実見しないと何とも言えません。

ちなみに坂を下ると、思いもしない所に出ますか?
2014年12月11日 08:30
渋江さん
たぶん大当たり! です(笑)
この坂の下は道がなく大きく開けています。
ヒントはこの大量の落ち葉、そう 「〇の木」があります!(^O^)
渋江四郎
2014年12月12日 23:17
勝手に始めた番外編を改め番外編外伝とします。

外伝1 岩槻の最南端
綾瀬川と五才川に挟まれた岬の尖端がが最南端です。

外伝2 田中口門
将軍行列に壊されず今は浄安寺の山門です。かっては武州鉄道が目の前を蒸気をはいて通過。

外伝3 市神様
市宿の御成道の真ん中に有った今の八雲神社。

外伝4 地名(林道と辻)日光御成下道と粕壁道にまつわる地名。

続く(笑)
渋江四郎
2014年12月16日 21:31
実歩してきました(笑)。

まずバート20
本丸の路地、初めて歩きました。すれ違うのも気遣う狭さですね。
かっての城内の重要な場所です。

そしてバート16
新曲輪。季節が変わり、葉が落ちて、画像と雰囲気が変わっていました。でもそのぶん堀が、よくわかるようになりました。

最後に番外編2
やはり思った場所でした。落ち葉が掃かれたのか、画像ほどは有りませんでした。
あの指定の木の案内板、出来ていたんですね。初めて見みました。
下の運動場、今日も少年野球やっていました。
2014年12月17日 23:58
渋江さん
外伝ありがとうございますm(__)m
薄っぺらなこのブログも、渋江さんのコメントにより重みあるものになっています(*^^)v

そして、路地20
歩いてみてどうですか? ちょっと路地として残っているのが嬉しくて嬉しくてw

路地16
季節によって雰囲気が変わるんですね~
観かたによっては「桜」だけじゃないんですね

番外2
神秘的な「木」と案内板、あの場所じゃ気づきませんね(笑)

この記事へのトラックバック