岩槻路地 ぱーと21

昨年、路地を載せたところ皆様に盛り上げていただいたので

今年も「岩槻路地シリーズ」を始めて行きたいと思います(笑)

さてさて今年一発目!!

もしかしたら私有地になってしまうかも(汗)

画像


子供の頃、便利に使わせてもらった路地です(*^^)v

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

渋江四郎
2015年02月08日 10:50
今回の路地、遠近法があるにしても、かなりの斜面と見えますね。
この感じだと限られた地域?と思いますが。

私有地?
子供の頃便利に利用?

私の行動範囲では、思い付かない路地のようです。

もう少しヒントが有れば・・・。
2015年02月08日 14:53
渋江さんにはわかってしまうと思ったのですが、この画像だけじゃ難しいと…
ではひとつ、この画像の背側に公共の場があります。
わかっちゃたかな(*^^)v
渋江四郎
2015年02月09日 22:36
ヒントをもらい
たぶんあそこかと。

そうですよね。この傾斜は。
でも右側はあんなだったかな?
休みに確認してきます。

ちなみに後の公共の場所は、このブログに登場したことが有ったりしますか?
2015年02月10日 13:20
渋江さん
ピンポン!です(^O^)
以前に名称が消えてしまいましたと書かれたところ、この場所に名称が残っていると言われた公共の場所です。
渋江四郎
2015年02月11日 23:51
確認してきました。
やはりあそこでした。
霜柱がとけて、滑ってかなり危険でした(笑)

アップの画像だと、違う場所に感じます。
斜面上の廃寺の墓地も、だいぶ整理され墓石が少なくなりましたね。

でもここで疑問が
この路地(私有地)は誰のために有るのだろうか?
上の人のため?、下の人のためか?


その後わりと近い路地ぱーと6に行くと、とうとう隣の建物の解体が始まりそうですね。
また一つ岩槻の地場産業建物が消えるんですね。
2015年02月12日 22:50
渋江さん
行動力すごいですね!
この路地はコケも滑る要因を作ってるので危険です(笑)
おっしゃる通り、誰のために作られたのでしょね?(^O^)
また、ここだけではなく上下に通る道がもう一本有ります。(もしかしたらもう一本??)

路地パート6ですか? 9ではなく?
渋江四郎
2015年02月14日 08:25
すみません、9でした。

あの路地を使用した人を想像するに、下が一面田圃だった頃、上の人がそこに通うための道(つまり通勤路)ではないだろうか?

この案、いかが?
2015年02月14日 19:39
渋江さん
パート9の建物も… 
寂しいですね。。 昔、良い香りが漂ってました(^^ゞ

そしてそして、通勤路ですか! なるほどそれも”有”かもしれませんね(笑)
あたり一面、田んぼか~
のどかだったんでしょね~
(^^♪ 

この記事へのトラックバック