岩槻路地 ~ぱーと27~

近所で見つけちゃった路地

路地というか、獣道っぽい路地

画像


生活しやすいように、利用してたら自然に出来ちゃったんだろね(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

渋江四郎
2015年04月15日 23:14
えーーー、

あれを路地に認定しますか?

右側は、昭和時代には店舗が有りましたよね。
そして江戸時代にはあれが有ったんですよね。
今有れば、間違いなく観光名所ですね。

しかしここを歩く人?がいるんでしょうか。
でも痕跡が有りますね。
2015年04月17日 08:22
渋江さん
春日部方面から大宮方面へ歩いていると、私の前を歩くおばちゃんが、す~~っと、この道を下りて行ったんです(ごく普通に)。下に回るとコンクリートの段差に、ブロックが階段のように重なっていて「うん!これは路地だ!」と思いましたね(笑)
今度、見てみてください(*^^*)
渋江四郎
2015年05月11日 22:40
いやー、歩きました(降りました)。

やばいでしょ(笑)。

年取ったら危ないですよ。少し先に安心な坂道があるのに。
雨の後とか絶対に無理と思います。

最初に降りた(登った?)人は誰だろうか。
その人の名前を付けたいです。
渋江四郎
2015年05月14日 18:47
そういえば、このあたりの道が広がるまでは
車に接触しそうで歩けませんでしたね。

だから先の道を使わずにここを利用したのかなと
思いました。

昔だったら、岩槻城攻めの為の隠し道。
夜陰に浄安寺辺りから舟で沼を渡ってきて、
大手口へ忍び込むなんて(笑)
2015年05月14日 21:32
渋江さん
降りましたか!! 雨が降ったあとじゃ滑りますね(笑)
でも、慣れているんでしょうね~
おばちゃんが普通に降りていきましたから

そして、岩槻城攻めの隠し道
なんだその説、わくわくしますね(*^^)v
渋江四郎
2015年05月16日 09:57
話しは変わりますが、川越の「古代入間郡の役所と道」行ってきました(10日で終了)。

なかなか興味深いものでした。
岩槻の古代道は発掘されないだろうかと、思っています。

さて以前お伝えした路上4、脇の解体が進みかなり雰囲気が代わりましたね。
2015年05月16日 21:31
渋江さん
川越は間に合いませんでした…
が、じつは県立資料館へは(笑)

古代道、私にはちんぷんかんぷんですが、盛り上がる起爆剤欲しいですね~~ (*^^)v
渋江四郎
2015年05月17日 08:36
古代道は、奈良時代の律令制の元、五畿七道を制定し(たぶん教科書に有った)、中央から地方に七ツの幹線道と枝道が作られました。
埼玉県内は東山道武蔵路が川越周辺を通過していました。
道の特徴は同じ巾の真っ直ぐな道です。

追伸:無料の資料貰ってきましたので・・・。
2015年05月18日 07:39
渋江さん 
私、勉強不足です…
頑張ります(*^^*)

この記事へのトラックバック